清涼飲料業界の環境への取り組み

清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言

清涼飲料業界は、「清涼飲料業界のプラスチック資源循環に対する基本的な考え方」を基に、陸域・海域の散乱問題も踏まえ、お客様、政府、自治体、関連団体等と連携しながら、2030年度までにPETボトルの100%有効利用を目指し、短・中・長期に方向性を定め、プラスチック資源循環に真摯に取組むことを宣言します。

清涼飲料業界の容器散乱防止への取り組み

1.回収ボックスの名称を「自販機専用空容器リサイクルボックス」に統一
業界の内外に向けてリサイクルをするための回収ボックスであるということを啓発していきます。

2.分別回収への取り組み
回収ボックスの中には、さまざまな”ごみ“などの異物が混入しリサイクルを阻害することもあります。現状打破のため実証実験にて、散乱防止につながる分別回収に取り組んでまいります。

自販機専用空容器リサイクルボックス

アサヒ飲料の環境への取り組み

容器包装2030

アサヒ飲料は「容器包装2030」を制定し、プラスチック資源環境や海洋プラスチック問題の対策に取り組みます。
・ラベルレスボトルを拡大するなどプラスチック製容器包装の重量削減をめざします。
・植物由来の原料を使用したバイオマスPETボトル、バイオマスを原料としたインクの使用を進めます。

サンカンパニーの環境への取り組み

PETリサイクル

リサイクルPET

使用済みPETボトルから新たなPETボトルを再生し、利用します。

1.使用済みのペットボトルを回収します。
2.細かく裁断してフレーク化します。
3.不純物を除去し、洗浄します。
4.ペットボトルの原料になります。
5.新しいペットボトルに生まれ変わります。

リサイクル工場の運営

当社で回収した空き缶・空きビンなどの資源は、関連会社(株)サンポーのリサイクル工場で再資源化されます。
株式会社サンポーは、缶・ビン・ペットボトルを中心としたリサイクルセンターを尾張・三河の2拠点で運営しております。

リサイクルの流れ

一本のドリンクから始まる社会貢献

当社は単独で世の中に存在しているわけではありません。 地域社会が安心・安全であること、地域市民が健康・幸せであることが大変重要です。 我々は、地域社会にどう貢献できるのかを真剣に考え、皆さまにご理解とご協力を いただきながら、CSR活動への各種取り組みを行っております。

社会貢献型自販機

社会貢献型(CSR)自販機

「一本から始まる社会貢献をテーマ」に、東三河の様々なNPOと提携を結びCSR自販機を展開しています。

CSR対応型自販機とは

CSR自販機設置例

大規模災害対策自販機

大規模災害対策自販機

ライフラインベンダー 緊急時解放備蓄型自販機
来るべき災害時に備えた自販機、商品を取り扱っております。

ライフラインベンダー

防犯ボランティア活動支援型飲料自販機

防犯ボランティア

繰り返される残虐な犯罪。その解決はもちろん、予防のためにも、防犯カメラの設置や地域の防犯意識の向上の重要性が、再確認されています。

防災ボランティア自販機

持続可能な開発目標SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

当社は、社会に対する責任としてサステナビリティ活動を実践し、世界が共通で抱える課題、中でも「住み続けられるまちづくりを」「つくる責任つかう責任」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさも守ろう」等の課題には、当社の事業活動を通して培ってきた強みで取り組んでいけるものと考え、これらのゴール達成に貢献して参ります。

自販機の設置をお考えの方へ
森永乳業の宅配サービス
ショップはちまる
森永乳業宅配サービス一週間無料お試し