BCP(事業継続計画)について

企業が、災害などの突発的リスクに襲われても業務を中断せず、事業を継続させるための計画を「事業継続計画」(BCP:Business Continuity Plan)といいます。

BCPを策定することで、万が一事業が中断しても、目標時間内に機能を回復し、 業務中断に伴うリスクを最低限にすることができます。 また、緊急事態への対応力の向上の他、常に経営管理を再確認することができるなど、中長期的な業績向上も期待できます。
BCPを策定し、業務の一環として継続的に取り組むことは、企業にとって大変重要です。

BCP策定・運用によるメリット
BCPのメリット

サン・カンパニーの「災害対策自販機」はBCPの取り組みの一助となるものです。
災害が起きた時、自販機の鍵がなくても、発電と飲料の提供が可能です。

サン・カンパニーは、BCPを運用される企業の皆様に、「災害対策自販機」の設置をご提案させていただきます。

ライフラインベンダー 緊急時解放備蓄型自販機

来るべき災害時に備えた自販機、商品を取り扱っております。
お問い合わせの上、是非ご活用下さい。

震災などの緊急事態が発生した場合、たとえば学校・病院・公共施設(駅)といった、被災者の避難場所となる可能性がある場所で、管理者が近くに存在する場合、自動販売機に収容された飲料物を飲む事が可能となり、被災者の「水分補給」・「人命の救助」を行う事が出来ます。
地震や風水害により電力供給が長期に渡って停止しても手動で排出が可能です。

自販機の設置をお考えの方へ
森永乳業の宅配サービス
ショップはちまる
森永乳業宅配サービス一週間無料お試し